コーチングとは何か?

ここでは、REVIVEプロデュースのコーチ熊・森山がコーチングについて一般の方にでも分かりやすいようにお伝えしていければと思っています。

コーチングはいまだにまだメジャーな職業ではありません。コーチといっても多くの人はスポーツ選手のコーチをイメージすることの方が多いくらいです。

また、どのような手法で、受けることでどんなメリットがあるかが世間一般に浸透していないと感じています。

コーチングを受けることでのメリットはさまざまです。

コーチングの副産物として、営業成績が上がったり、リーダーシップ能力が磨かれたり、人との関係性がよくなったり、夢を叶えたりということは多いものです。

しかし、私たちが提供しているコーチングとは「何かをするための手法」ではありません。結果的に、求めていたものがやって来ることが多いのですが、それがメインではありません。

コーチとは、クライアントが心から望んでいることを実現し、ひとたび何かを選択したら、それを最後までやり通せるようサポートする人です。

よって、コーチングとは、クライアントが心から望んでいることを実現するためのツールだという事です。表面的には営業成績を伸ばしたいのかも知れません。しかし、コーチングではその奥底にある価値観をクライアントと見て行きます。

  • 自らの可能性を広げたい
  • 多くの人を幸せにしたい
  • 自らの能力をアップしたい

コーチングではその人が「何をする」よりも「その人がどう在る」かを重視しています。このようにその人の価値観に根差した部分と向き合い、その人がどう在りたいか?という価値観を深く見て行くことで本当に心から望んでいることを実現して行くのです。

例えば、「自らの可能性を広げたい」という成長したいという価値観が背景にある場合、どのような成長をしていきたいのか?営業成績を伸ばすことでどのような能力が身につけていたいのか?などクライアントの心に問いを立てて行きます。

そして、自らが成長して行くには今何が必要なのか?を自分自身との対話から見出して行ってもらうのです。

例え、テーマは「何かをする」事だったとしても、コーチはその背景にある「どう在りたいか」を常に意識して行くことで、テーマをしっかりと意識しつつも、クライアントが本当になりたい自分になるよういつでもサポートする姿勢を持ち続けているのです。

自分との対話

コーチングではコーチがアドバイスをしたり、クライアントが知らない事を教えたりする事は基本的にはしません。

コーチとは、その人がどう生きたいか?

その人がどう在りたいか?

その人がどのように変わって行きたいか?

という事に対して、コーチングの手法を通してアプローチして行きます。

どのアプローチもクライアントが自分自身と深く対話出来るようデザインされています。

人は多くの時間を思考する事で過ごしています。

実は思考をする事で自らの人生に制限をかけていることは案外多いのです。

これではリスクや世間の目、家族の声に意識が向かい、自らの心の声に耳を傾けることが出来なくなってしまいます。

無限のリソースは本来、自らの内側にあるのです。

スティーブ・ジョブズは2005年のスタンフォード大学の卒業式で次のように言っています。

「心から満足するためには、自分が立派だと信じる対象に打ち込む以外に道はない」と。

私たちコーチは周囲の声や評価に左右されない、あなたの中に眠る内なる声をあなたと共に聞きに行くことを役目としています。

あなたが自らの人生に生きがいを持ち、その生きがいに沿って人生を最高に満足する事が出来るように関わり続けて行くことこそが本来のコーチの役割なのです。

使命を生きる

コーチングでは私たちひとりひとりは誰しも使命を帯びて生まれてきていると考えています。

私たちコーチはその使命をクライアントと探し出して行くことからスタートして行きます。

コーチングではその使命を「人生の目的」という言葉で表しています。

「人生の目的」とは自らの使命を言語化したものです。

「私は〇〇(行動)する△△(比喩)です。」

アクションと比喩を混ぜることでイメージ的にいつでも思い出せるようにして行くのがポイントです。

人生の目的を発見し自分は、何のために今の人生を生きているか?がわかると人生に安定感が出てきます。

私たちコーチも、コーチングを通してクライアントさんの使命を見つけていく事が人生の目的です。

そうすることで、それぞれの人が本来持っている才能を発揮し心からなりたい自分になれるそんな社会を目指しています。

コーチングを通して人が本来持つ可能性や潜在能力を発揮する日本にして行きたいなというのが今の気持ちです。

で、このように人生の目的を持つ事で、自分だけでなく大義のために人生を捧げるというような大きな何かに突き動かされて、情熱が滾り続けて行くのです。

使命を見つける熊コーチのセッションは、こちらから。

結局、コーチングとは何か?

結局、コーチングとは?毎回、個々のテーマを持ちつつも、コーチングを通して、どのように充実した人生を生きるか?という大きなテーマを絶えず持ち続けてもらいます。

自分自身とつながり、本当の意味であなたらしく、生き生きと過ごせる人生にするために必要不可欠な対人支援だと言えます。

コーチと共に自分らしい生き方を見出して行くことで、あなたの人生は大きく飛躍することでしょう。

大切なことなのでもう一度お伝えさせていただきます。

コーチとは、クライアントが心から望んでいることを実現し、ひとたび何かを選択したら、それを最後までやり通せるようサポートする人です。

人のすべてに焦点をあてる

毎回のコーチングで扱うテーマは人それぞれです。

  • 営業成績を上げたい。
  • 健康的な習慣を作りたい。
  • 今後の方向性を決めたい。etc

私たちコーチは毎回のテーマを大切に扱いながらも、その人自身の人生全体を視野に入れています。

時にクライアントは目の前の事柄を解決する事に精いっぱいになってしまいます。

同じようにコーチが目の前の事柄を解決するためだけに関わっていては、たとえ目の前の課題が解決された所でその人自身の成長は限られたものになってしまいます。

目の前の事柄を解決するにも、コーチがその人の人生全体を視野に入れて関わると、クライアントが受けるインパクトは大きく変わります。

人生全体の限りある今をどのように生きていくか?と考えるとき、人は目の前のことだけに囚われてしまっている現状を初めて認識出来るのです。

また、実りのある人生にするためには現状の課題をどのように解決するか?という視点からテーマを見つめて行くことで新たな発見につながります。

コーチングとは事柄を解決するだけでなく、本当の意味で人が成長して行ける土台を築いていくものなのです。

そのためにも、事柄だけでなくその人のすべてに焦点をあてる事が大切なのです。

人はもともと想像力と才知にあふれ、かける所のない存在である

クライアントは時に自らの限界を感じ取り歩みを止めてしまう時もあります。停滞している時や、周囲の冷ややかな反応、社会の視線など歩みを止めてしまおうと思ったら理由はいくらでもあります。そして、「所詮自分自身なんて・・・」と、自らの可能性に自分自身で蓋をしてしまうのです。

そういう時こそ、コーチのぶれない関わり方がクライアントに自信を取り戻すきっかけとなるのです。コーチは誰しも人は無限の可能性を秘めているという事を信念として持っています。それは、コーチングを受けることで多くの人が自らの道を切り開いてきた姿を見て来たからこその確信でもあります。

人の可能性を信じて疑わないコーチだからこそ、クライアントが例え自分自身を信じられなくなっている時でも、疑う事なく信じ続けている事が出来るのです。

想像してみて下さい。自分自身よりも自分の可能性を信じて疑わない人物がいたらどのような気持ちになるでしょうか?

私自身、コーチになる前、自分自身の可能性が信じられなくなりすべてを投げ打ってしまおうと思った時期がありました。しかし、その時のコーチだけが私の事を本気で信じ続けてくれていたのです。

その時の心強さと言ったら言葉に言い表せません。私はコーチがいたからこそ、そのような自暴自棄も乗り越える事が出来ましたし、結果として自らの可能性を大きく伸ばすことが出来ました。

自分の可能性を本気で信じてくれる人の存在は想像以上に大きなものなのです。

本質的な変化を起こす

コーチは毎回のコーチングで本質的な変化を起こすことを意図しています。

コーチは毎回のテーマを解決するだけが仕事ではありません。

テーマを通してその人自身が本質的に成長して行くことこそがコーチングの醍醐味だからです。

例えば「行動計画を立てる」というテーマを持ったクライアントがいるとします。事柄としては行動計画をどのように立てて行くかがテーマの根幹でしょう。

しかし、私なら「行動計画を立てる」ことでどのような自分になって行きたいのか?という問いを立てることでしょう。

本質的な才能を発揮しその人が最高のパフォーマンスが出せる関わりがコーチングであり、森山コーチのパワーコーチングです。

コーチングを受けることで得られるメリット

自己実現

なんといってもコーチングを受けることで得られるメリットとして大きいものは自己実現でしょう。

自分の生きたいように人生を生きていける人はそう多くありません。また、どのように人生を生きて行きたいかという志を持っていない人も大勢います。

コーチングを受けることで、自分がこのように生きたいという自らの使命が見つかる人は後を絶ちません。また、自分の生きる使命を見つけた事で全力をとしてその使命に挑戦する人も数多くいます。

では、なぜコーチングを受けることで人は変われるのでしょう?

それは、人は自分自身で自分の限界を決めたり、周囲の声や世間の目が気になり自分の人生をあきらめてしまうからです。

コーチングを受けることで自らを抑えていた思考であるメンタルブロックが外れて行きます。

その結果として自分の生きたいように生き生きと人生を歩んでいくことが出来るようになるのです。

また、自分の人生のハンドルを握ることで、他責の生き方から自責の生き方に変わって行く事が多いのも特徴です。

自らの人生に責任を持ち、自ら行きたいように生きる。このように生きることで人はエネルギーに満たされ、人から見たら大きな事でも成し遂げてしまうのです。

コーチングは人が本当に生きたいように人生を歩んでいくためのきっかけなのです。

REVIVEプロジェクトでは、あなたがあなたらしい人生を生きるためにコーチングを活用しそしてREVIVEプロジェクトから生まれるセルフプロデュースを活用することで

あなたの人生の夢の実現のスピードが加速する事が間違いないと思います。

ぜひコーチングを受けてみてください。

熊コーチのコーチングセッションを受たい方は  こちら

森山コーチのコーチングセッションを受けたい方は  こちら