脳内審査員を味方につける!!

ブログ訪問ありがとうございます。

初めてお越しの方は、まずはこちらの記事からお読みください。

☆はじめに

-----------------------------------------------------------------

どうも、ひもときマイスターのシュウスケです。

 

前回、天職が見つかる6つのステップワーク

その1 やりたい事をやる癖をつける についてお話しました。

 

なにか、やりたいことをやってみましたか?

 

ボクは今日さっそく今宮えびすに参拝行ってきました。

2017年の商売運は安泰ですよ、ほほほほ。

種銭というお守りを買って財布に入れておくと良いらしいですよ。

 

 

今回は、天職が見つかる6つのステップワーク

その2いってみましょう。

 

 

その2 脳内審査員を味方につける

 

 

脳内審査員??

あなたの中で審査をしまくっているやつです。

 

 

 

実は彼、審査レベルは神ってます。

あなたにとって有効な事に対してOKを出しまくります。

あなたにとってメリットのあるものしか選びません。

 

やばいですね。素敵過ぎますよね。

あなたの最高のサポーターですよね。

 

あなたを甘やかし倒しますよ。

 

 

あなた「朝起きたくない~」

 

審査員「いいよーいいよー睡眠大事だもんね」

 

あ「夜中だけどおかし食べたいな~」

 

審「いいよーいいよー我慢はストレスたまるからね~」

 

あ「もー仕事やってられん金ないけど辞めたいー」

 

審「いいよーいいよームリは禁物だしね~」

 

 

さぁどうですか?この審査員。

確かにあなたの希望を承認しまくってくれます。

 

NOを突きつけられる事の多い現代社会において救世主にも見えますが・・・

 

自分が何かを変えたい時、変わりたい時、頑張りたい時には最大の敵になりえます。

 

自分に変化を起こす時は、必ずしんどい場面に遭遇します。

今までの慣れ親しんだ生活サイクルを変えるから今が変わるわけですから。

 

その変更作業で生ずるズレみたいなもので疲れてしまいます、最初は。

睡眠時間が減ったとか、食後のまったり時間が勉強時間になったとかで。

 

その際に、この審査員が出てきたらどうでしょうか?

 

余程の意志の強さがないと、真っ向対決に勝ち続けることは難しいでしょうね。

とはいえ、何も変わらない生活のままで、今を変わるというのは不可能でしょう。

 

じゃ、審査員の性格を知り味方につけましょう!

この審査員はあなたの無意識領域(潜在意識)です。

人間としての本能です。あなたの生命維持装置です。

あなたは意識をして心臓を動かしていませんよね?

息も意識して吸ったり吐いたりしてませんよね?

あなたを生かすために休まず弛まず働いてくれています。

 

なので、あなたにとってメリットのあることしか選ばないんですね。

 

しかし、時にそれが心のブレーキになってしまうのです。

 

例)

あなたが脱サラしたい場合

審査員が様々な角度から審査を行います。

自分の潜在意識の中で分析結果を出します。

 

①脱サラしないデメリット

・尊敬できない上司に媚びないといけない

・やりたくない仕事をしないといけない

・人に優しくなれない

・愚痴ばかりをいう毎日

などなど・・

 

②脱サラした時のメリット

・やりたくない仕事をしないでいい

・人に優しくなれる

・ストレスから開放される

・上司に媚びないでいい

etc..

 

このあたりは何となく潜在意識でなくても、考えて分析できていると思います。

しかし、潜在意識はもっと深いところまで余裕で分析しています。

 

③脱サラしないメリット

・安定した収入

・社会的地位

・好きでなくても毎年給料があがる

・ボーナスがある

 

③脱サラしたデメリット

・収入の安定が読めない

・親の反対

・世間体

・経営的な不安

 

というような、一歩も二歩の先のアプローチをしています。

その審査結果が現状になっている場合が多いです。

 

つまり、口で脱サラしたいと言っていても、何年もサラリーマンのままだったり、半年後には、来年にはってなる訳です。

人間は楽な道を選ぼうとするとよく言われるのは、まさにここです。

 

脱サラしたいと言っていても、脱サラしないメリット、脱サラしたデメリットをよく理解してるんですよ、無意識に・・・。

 

問題のメリットの部分と、成功後のデメリットの部分に心のブレーキが潜んでいるんです。

 

心のブレーキを外し潜在意識を味方につけるためには、メリット同士の折り合いをつける事です。

 

・すぐに収入が安定しないかもしれないが、自分らしく生きていける

・社会的な地位よりも顧客の評価にこだわって仕事をしてみる

・年に数回ボーナスの為に、尊敬できない人にゴマすらずに顧客へのサービスを高める

 

みたいな感じで、潜在意識の分析結果との折り合いというか妥協点を探ることが肝要です。

 

長くなりましたが、一度自分のやりたい事を挙げてみて、それが出来た時のメリット&デメリット、出来ないメリット&デメリットを洗い出してみてください。そして、相互の折り合いをつけてみる練習をしてください。それが潜在意識を味方につける最善策です!!

 

ではでは。

 

心のブレーキ外れまくったわ~って言いながらポチお願いします

ありがとうございます。


人材・教育業ランキングへ

関連記事

  1. 一番いけないことは自分はダメだと思うこと。ほんと、ありがとう。

  2. 今日は、サービスパーソンの為の記事を書いてみました。

  3. 実はどんな人でも自分の賞賛が50%、逆風が50%

  4. メリークリスマス!!っていうか通知表

  5. 人生は公平じゃない。そのことに慣れた方が良いって名言。

  6. セルフイメージって結局なに?セルフイメージの重要性とは?その1

  7. 「人生を楽しむのは大人の義務です」

  8. 返報性からの発想!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガに登録する