何かやってもらったら何か返さないといけない気分になりますか??

ブログ訪問ありがとうございます。

初めてお越しの方は、まずはこちらの記事からお読みください。

☆はじめに

-----------------------------------------------------------------

どうも、ひもときマイスターのシュウスケです。

 

今日は新年会や~。

忘年会もシュウスケ会というなぞの名目で開催でしたが、新年会もシュウスケ会 新年verということで、ボクの名前を利用して20人くらい集まりました。ボクと飲みたいのではなくね、口実としてよ。そんな皆が大好きです(笑)なんやかんやで沢山集まると楽しいですからね。

 

 

さて、今回は「返報性」について。

 

返報性とは・・・・

他人から何らかの施しや好意を受けた場合に、お返しをしなければならないという感情を抱く心理をいいます。

 


 

これ、ビジネス用語でドア・イン・ザ・フェイスなんて言われてます。

 

デパ地下の試食とかよい例ですね。

なんとなく試食したら買わなきゃいけない気が少しばかり湧くものです。

そこを利用して試食コーナーの名手は売上げを上げます。

特におばちゃんが上手な気がしますw

 

このような心理合戦は日常至る所に存在しています。

それが良いとか悪いとか別として、そのような心理的な反応が少なからずあるという事です。

 

 

例えば、好きな相手に気持ちを表現するために何かプレゼントしたり、日ごろからなにか恩を売るような行為を行うことで、相手は何かしらのお返しをしないとってなるでしょう。

 

相手も自分に好くなからず気がある場合は、相手にもこちらへの接点が出来るわけですので、二人の仲が親密になるのは時間とタイミングの問題です。

 

 

 

時々、これを勘違いして恋愛テクニックをリアルやSNSで披露している方を見かけます。

間違いであるとは言いませんが、大前提が必要です。

そこを無視していては、うまく行くはずがないのです。

 

 

いや、できません(苦笑)

 

恋愛テクとして返報性を利用して相手に作用を期待できるのは、相手が自分を恋愛対象と認知している時だけです。

 

 

あなたの全く興味のない同僚に、プレゼントされたり社内でうわさになったり恩を売られたりしたらどうでしょうか?

悪い気がしないなら、脈ありですから流れに身を任せるのもいいかも知れません。

 

いや、迷惑千万じゃー

という方は、そういうことです。

恋愛対象と認知していないから。

100歩譲って認知していても、行為自体でさめてしまう可能性も高いですね。

 

 

返報性うんぬんではなく、好きな人には気持ちを伝える事から始めてみるのが一番ですね。

 

ビジネスでは有効な手段ではありますが、巷の恋愛テクニシャンにはお気をつけを・・。

 

 

とりあえず恋愛には言いながらポチお願いします

今日も読んでくれて、ありがとうございました。

 

※下のポチを押してくださると励みになります。

応援ポチをお願いします。


セルフコントロールランキング

 

関連記事

  1. 「話すことはプレゼントである」

  2. 才能ってのは、何も、 創る人間にだけ 使われる言葉じゃないと思う。

  3. あなたのマルチタスクはだいじょうぶですか??

  4. 自分探し?自分磨き?誰かに騙されてませんか?

  5. Happiness depends upon ourselves.

  6. 人は正しいことで動くのではなく、感情を動かされたら動く。

  7. 転職か天職かそれが問題だ!

  8. あなたは失敗してきましたか??

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガに登録する