今日は、サービスパーソンの為の記事を書いてみました。

ブログ訪問ありがとうございます。

ひもときアドバイザーの森山寿介(シュウスケ)です。

初めてお越しの方は、まずはこちらの記事からお読みください。

☆はじめに

-----------------------------------------------------------------

週末はしっかり楽しんでリフレッシュできましたか?

ボクは10年前からやっている音楽イベントを開催して遊び倒しました。

こんな日が毎日だったらいいのに(笑)

 

今日は、「お客様は神様か?」

 

日本で昔から語り継がれている言葉。

あなたはどう思いますか?

 

 

そうだ、お客様は神様だ。

それとも

神様ではない。

 

ボクは明確に「お客様は神様」なんかじゃないと思っています。

 

仕事は「相手を満足させる代わりに対価を得ている」のでWIN-WINの関係です。
とはいえ、実際は「お金を払う方が偉い」、「お金をもらって申し訳ない」そんな認識が色濃く残っているような気がします。

 

しかし、「満足とお金を交換」しているのが商取引であるのだから、偉いとか申し訳ないなどの認識は明確に間違っています。

それによって「お客様は神様」ではないと思っています。

 

日本人の美徳とされる、お金に対する認識がそもそも問題ある構造だったといえます。

お金=悪みたいなものも。金持ちは裏でなにか悪いことをやっているとかね。

 

もちろん、ご購入いただきありがとう御座いますといった感謝の気持ちを持つことは人間として普通の行為です。お互い対等なんだからといって提供者側が横柄なのは完全に間違っています。

 

 

ただ、過剰にお客様目線になってるのは疑問が残るところです。

スーパーの「一つ一つのお客様の声」などにも過剰に対応しすぎです。

 

 

一番の危惧は、ボクもあなたも、お客様の声を反映しすぎれば、本来の価値をも破壊しかねないという事。

 

大切な事は、自分のサービスやビジネスは完全では無いと知り、満足させることが出来るお客様を定義しておくことです。

 

自分は誰をどんなサービスで満足させる事が出来るのか?を明確に定義するです。

 

ここがブレていると、自分のサービスの価値を見失ってしまうでしょう。

万人に受け入れられようとして、誰にも受け入れられないか、受け入れられたとしても自分が自分のサービスを受け入れられなくなるでしょう。

 

であれば、自分の定義に基づいて、応えるべきお客様の声には応え、そうでないものには応えなくてもいいでしょう。そんな勝手なと思われるかもしれませんが、それが真実です。

あなたが生き残る為に、あなたが満足させれる人に応えていく。

そのサービスやビジネスを高めていく、それが本来の姿だと考えています。

 

もしも、今そんな接客サービスなどでストレスを感じているなら、少しだけベクトルの修正をして楽になって欲しいなって思います。

 

あなたが笑顔でいる事が、最大にして最高のサービスですからね。

 

 

ではでは。

最後までお付き合いありがとうございました。

 

応援ポチ宜しくお願いします。

励みになります!


セルフコントロールランキング

関連記事

  1. 実はどんな人でも自分の賞賛が50%、逆風が50%

  2. 人生は公平じゃない。そのことに慣れた方が良いって名言。

  3. 「努力」より「夢中」!

  4. メリークリスマス!!っていうか通知表

  5. 自己効力感の特徴とモチベーションアップにつながる為には??

  6. セルフイメージって結局なに?セルフイメージの重要性とは?その1

  7. 生きがいのある場所は??

  8. Happiness depends upon ourselves.

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガに登録する