動画マーケティングで売上を確実に作るためにするべき3つのポイント

動画マーケティングを実践しセルフブランディングを行う

YouTubeなどの動画プラットフォームの存在感が増し、FacebookやInstagramなどのソーシャルメディアのタイムラインにも自然と動画が増えてきました。

そのような環境の中で、EC事業者も動画を活用したマーケティングに着手する企業が増えてきている。しかし、そのマーケティング手法はまだまだ黎明期とも言えるため、どのような手法でどのような成果が出るのか分かりにくい部分も多いです。そこで今回は、動画マーケティングでしっかりと売上を上げていくための方法を考えていきたい。

SNSで動画を活用してブランディングを行っていくためのロードマップ図

動画マーケティングはそもそもカスタマージャーニー!!

カスタマージャーニーを作成しどの層や人にマッチングするか考えてみる。
※カスタマージャーニーを知らない人は、前の記事ヒーローズジャーニーをマーケーティングに活用するをご覧ください。

認知から興味関心、検討、購入、そしてリピートに至るまでのカスタマージャーニーにおいて動画マーケティングはどのような効果を示していくのでしょうか?

まず、動画マーケティングの特徴を考えてみると、動くクリエイティブへのアテンション(認知)はもちろんのこと、画像クリエイティブに比べてインプレッションやエンゲージメントの効率が非常に高いです。

そのため、興味関心ステップのユーザーや検討ステップのユーザーにも幅広くFITすることが可能になります。

そのような特徴から新商品のリリース時だけでなく常時的なブランディングにも非常に効果が高いと言われている。 未認知ユーザーから興味関心ユーザーまでに配信を実施し、検討ステータスのアクションまで顧客の「態度変容」を引き起こしていくことを目的に利用することで効率的な活用が可能になます。

ステップ1:見てもらう動画の作り方

今や動画が拡散するプラットフォームはソーシャルメディアのタイムラインがほとんどです。
各ソーシャルメディアも動画に力を入れユーザービリティを磨いているのが現状です。
そのため動画を作成する際には、タイムラインの数秒でいかに閲覧者の興味関心を得られるかがポイントになってきます。

そしてその興味関心をしっかり継続してもらい最後まで閲覧してもらい、アクションに繋げてもらうために必要な動画の作り方のポイントを見ていきましょう。

既存の素材を活用してコストを軽減も可能

まず、動画を制作するというと、コストがすごくかかるイメージがありますよね。

そのため動画マーケティングにおいてボトルネックになるケースが多いのが、制作コスト面。
しかし最初からかなりしっかりとしたものを必ずしも用意する必要はなく活用できる既存素材があるのであればそれを再編集した動画からリリースしたりライブ配信などで練習するのもオススメです。また、ターゲットとなる閲覧者がしっかり見てくれているのか、繰り返しテストしていく必要があります。そのため、そのテスト用の複数の動画制作コストという側面からも既存の素材の活用というのは重要なポイントとなってきます。個人で活用するときは、スマホでも十分使えたりしますし最近は、スマホの動画編集アプリも使いやすいものが多いです。

動画の長さは短く

動画を作り出すと、せっかく作るのだからと言って

「ここのシーンも入れたい」

「この商品もいれたい」

というような要望が増えてきて、動画が長くなることが多くあります。ですが、ソーシャルメディアにおいて、ユーザーがタイムラインで動画を視聴してもらえる時間が非常に限られている為、タイムラインをスクロールするせっかちなユーザーの興味関心を冒頭のつかみでうまく引くことに成功したとしても、動画はコンパクトにまとめることが重要になってきます。

ストーリー性のある長い動画であっても、ソーシャルメディアのタイムラインで配信する場合には、再編集をして短くする方がいいだろう。あくまでソーシャルメディアはユーザーにとって広告をじっくり見るための媒体ではないことをしっかりと意識し、次のアクションを起こしやすい簡潔な動画作成を心がけて見ましょう!。

ラストシーンは、次アクションを促す要素を入れる

ソーシャルメディア上ではそのタイムラインの仕様上、動画も目に止まる工夫をしながら必ず動画の最後に次のアクションを促すカットを入れることで、視聴以外のエンゲージメントを見込むことが可能になってきます。動画を見終わった達成感でユーザーが離れてしまわないように、何をするのか教えてあげるといいと思います。

ステップ2:動画の露出拡散方法とチューニング

オンラインマーケティングにおいて動画をどのように効率的に露出し拡散していくのか?

そしてその成果を確認しながらどのようにチューニングしていくのか、そのポイントを紹介していきます。

複数動画でターゲットのリアクションをテストしてみよう

動画の作り方は前述したようにある程度方法論はあるものの、やはり商材やターゲット、タイミングによってもユーザーの反応は変わってくるもの。そのため、可能であれば“つかみ”や構成や構図を入れ替えたものを複数用意すると効果が上がりやすくなります。

ソーシャルメディア上で同じターゲットに対して複数の動画を配信することで、ユーザーがどんなシーンに反応するかテストすることができます。

Revive projectではそのテストをやり続けて、ライブ配信でも確実に成果の出る方法を見つけ出して来ました。

facebookとInstagramの特性を理解する

動画の拡散にはソーシャルメディアは欠かせないが、その中でも2つのメディアに同時に配信を行えるfacebookとInstagramが媒体としては現時点では一番効率的でしょう。

商材にもよるが、facebookだけでなくInstagramユーザーへの認知を広げることが現時点では一番重要なポイントになってくるだろう。2018年3月時点、拡散力では圧倒的にInstagram Storiesの広告が配信効率がいい。

Instagramも写真主体から積極的に動画を取り入れて最近では、IGTVの拡大タイムラインでもストーリと同じ長さの動画の拡散を推している。

しかしこれは全てのケースにあてはまるわけではなく、facebookの方が効率が高いケースもある。これはキャンペーンを始める前の段階で、そのブランドや商品がそれぞれのソーシャルメディア上のユーザーにどの程度認知されているかによってくる。

どちらの方が自分の売り出したい属性や特性にマッチングしているか、見きわめる必要があります。

Instagramは、まだまだ若いユーザーが集まっている媒体のように捉えるケースも多いが、国内でアカウント数は2,000万人を突破し、facebookの2,800万人と遜色ないレベルまで浸透してきている。また、配信効率も高く、若いユーザー以外からの購買も発生しているというデータもあり、動画マーケティングにおいては今後さらにInstagramを攻略することがキーポイントになってくるだろう。

動画マーケティングについて今後もブログやYouTubeで配信していきます!

お楽しみに!!

関連記事

  1. 「マーケティング」は何か?を理解する

  2. ヒーローズジャーニー をマーケティングに活用する

  3. 「マーケティング」は何か?を理解するPART.2

  4. 究極のマーケティング『USP』が見つかる!自分の強みを抽出する質問

  5. 継続できるセルフマーケティング

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガに登録する