【寿的思考20181014】

先月末、気乗りしない事を先日一つ手放したとこ。
なんだかモヤモヤする人っているでしょ?嫌いじゃないんだけど、付き合うとモヤモヤするって言う感じ。
例えばそれが仕事関係だと、中々手放せなかったりする。
 
でも、手放したら、新しい出会いがあったり、友人として繋がれたりって事もあったりする。
違和感を感じたらスルーは正解。
 
そして、今、周りに凄く優秀な人が集まってきてる感じはするし。親友も来月社長になるそうだし(笑)
 
最近じゃ宇宙人みたいなビジネスパートナーが出来たりと、面白くはなってきてるのは事実。

同時に、その速度感に時々置いてかれそうになって息切れしそうな時もある。
 
ビジネスの場面でも思い切って頼ってみるってボクの中には中々なかった思考なので、意識的に取り入れてる最中だったり。
 
知らないこと、出来ないことは、頼ってみる。
あ、そういえば、先日プロのスタイリストにジレを選んでもらったわー。そしたら、好評だった!
きっと、そういうことだな(*´∀`)

それでも、やっぱり何でも持てる量は限られてると思う。
どれだけ欲張ったとしてもね。
 
例えば、友達の繋がっていられる人数は10人がMaxだったとしたら、ずっと同じメンバーで何十年も過ごしていけることは稀なことで、突然Max人数が20人になることはなく、10人の中身が入れ替わっていくだけだと思う。
 
むしろ、それが自然とすら思うんだ。
だけど、なぜか実際はなかなか手放そうとしないから、新しい出会いがなかったりして、入れ替わりが起きなかったりするんじゃないかな。
 
その結果、なんとなくモヤモヤを手放さず連れて歩く状態のままになったり。
 
手放したら、10人が9人になり、空いたところに新しい人が入ってくるみたいな循環が初めて起こせるはずだなと。
お金にも同じことが言えるなと体感をしているので、ここには同じ原理原則があるのではないかと考えている。

目先のお金に走っていると、その延長線でしかお金が増えて行かないばかりか、下手すると減っていく。

だが、違和感とモヤモヤは離れる事はない。

そうではなくて、その先がイメージできる収入源なのかを見て行くと、イメージ出来ないなら、一時的に腹を痛めてても、それを手放したスペースにもっと大きいビックチャンスは舞い込んでくるものである。

なので、手放すを意識してみては?

関連記事

  1. 【寿的思考20180918】

  2. 【寿的思考 20181113】

  3. 【寿的思考 20181022】

  4. 【寿的思考20180924】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガに登録する